テトラオンライン

おすすめ本や、デジタルガジェットの紹介、投資関連の雑記ブログ

テトラオンライン

Surface Dialを1ヶ月以上使った感想

スポンサーリンク

f:id:tetrakun:20200628064211j:plain

Surface Dialを使ってみての感想

Surface Dialを使い始めて1ヶ月以上が経ちました。

本来のポテンシャルを発揮させるには、Surfaceと一緒に使うのがベストですが、今のところ僕の場合、Windows10のデスクトップパソコンで、Youtube、Youtube Music、Photoshop Elements用に使っています。

YoutubeやYoutube Musicの場合、音量(ボリュームつまみ)として使っています。

ノートパソコンやデスクトップパソコンでYoutubeやYoutube Musicの音量を微調整するとき、ブラウザの音量つまみを操作するのは結構面倒くさいです。マウスを使って、あの小さな音量つまみをクリックしてドラッグして、丁度いい音量に調整するときには、わずかながら精神の集中を必要として、わずらわしいです。

そこで、このSurface Dialを使えば便利。重みがあるのでデスクの上で安定していますし、大きめのダイヤルを回すと音量が微調整できて、とても便利。

Photoshop Elementsで使うときは、画像の拡大・縮小に使っています。

たったこれだけの用途に使うだけでも、パソコン作業がとても快適になります。

せっかくの良いデバイスなのに難点が

で、このSurface Dialの最大の難点について。

一定時間、操作をしていないと、ダイヤルを回してもすぐには反応せず、6秒くらい待つと動作し始めます。

これは困る!

この仕様はすごく不便です。ソフトウェア・アップデートで修正できるのでは?

あと、Bluetoothで接続しているイヤホンで音楽を聞いていると、Surface Dialが干渉して、音楽がブツブツと途切れます。WindowsのBluetoothの設定で、Surface Dialを切断すると、音楽がスムーズに流れます。またSurface Dialを接続すると、音楽がブツブツ途切れます。

イヤホンが悪いのか、Surface Dialが悪いのかはわかりませんが、この問題もソフトウェア・アップデートでいずれは解消されるかもしれません。

 

Surface Dialの裏側。少し粘着性があります。

f:id:tetrakun:20200628072728j:plain

裏のフタを開けると電池とBluetoothのペアリングボタンがあります。

f:id:tetrakun:20200628072951j:plain

便利なデバイスなのにスリープに入るおかげで全て台無しになってしまっている感じです。もったいない。 

以上。Surface Dialを使った感想でした。

スポンサーリンク